江ノ島の中で絶品ランチならココ!"島内"の美味しい名店11選【2022年版】

江の島のランチに迷ったらココ!江の島の中で食べられるお店を11店舗ご紹介!海が見えるお店も紹介します

江の島の外ではなく、「江の島の中」で食べれるオススメのランチを紹介します。

どのお店も実食済なので味の保証付き♫

2022年に生しらす丼を食べたい方は今年中に行きましょう!

※生しらす漁は1月1日〜3月31日の期間中は禁漁になるためです

魚見亭  生しらす丼

IMG_0033

魚見亭(うおみてい)は江の島の奥津宮付近にあります。

江の島の奥地にあるため江の島の入口から徒歩20分ほどの距離ですが、海が見えるテラス席・味・安さ、その全てが満足できるお店です。

海が見えるテラス

IMG_7668

箱根・小田原・茅ヶ崎、そして富士山までも見通せる絶景のテラス席!この場所でしらす丼を食べれるのは至福のひとときです。

IMG_7673

丼に盛られた薬味「大葉・ガリ・ワカメ・キュウリ」の組み合わせがしらすにピッタリでした。

ジョッキがキンキンに冷えた生ビールがあります。絶景にビールは最高の組み合わせ!

ビールに合う焼きはまぐりも注文!最高のひとときです。

蟹の味噌汁がこれまた絶品!

定食の味噌汁を追加料金で蟹の味噌汁に変更できます。

蟹の旨味出汁がたっぷりで絶品!しらす丼との相性抜群です。

魚見亭

見晴亭  三色丼

見晴亭(みはらしてい)は稚児ヶ淵付近にあるお店。

前述の魚見亭から近く、稚児ヶ淵(岩屋)へと続く階段の途中にあります。

このお店の特長は、見晴らしの良さはもちろん、値段以上の美味しさが特長です。

大粒のいくらに衝撃!

IMG_4982

取材時は3色丼というメニューを注文できたのですが、生しらす・大粒イクラ・釜揚げしらす....と、海の幸たっぷりで最高でした!

店内からは海が見える!

IMG_4834

ノスタルジック溢れる店内からは絶景の海景色を堪能できます。

窓の外が全面の海って素敵すぎるロケーションだと思いませんか?

お店の外観もノスタルジー!入口周辺を歩くと昭和にタイムスリップしたような感覚に浸れます。

見晴亭

Cafe Madu  しらすパスタ・しらす丼

17277658155_d1977bad7e_k

Cafe madu(カフェ・マディ)は江の島のイタリアン・フレンチレストラン。

奥津宮付近にあるため、江の島の入口から徒歩15分と少し歩きます。

海鮮丼もあるのですが、私のオススメはパスタ!

上記写真は現在注文できないメニューですが、似たようなメニューに「しらすと湘南鎌倉野菜の大葉ジェノベーゼ」がありますよ。

デートにぴったりなオシャレな雰囲気

IMG_9928

2015年に出来たばっかりのレストランです。窓からは海が見え、相模湾を一望できます。

IMG_9924

テラス席も完備しており、ふかふかのクッションがまたイイ!

IMG_8724

デザートも種類豊富!

IMG_8727

パフェ・ソフトクリーム・かき氷・クレープなど、デザートの種類豊富です。

ランチだけでなく、休憩の喫茶店としても利用できます。

Cafe Madu

天海 江の島丼

16657143243_5f70aeec10_z

天海(あまみ)は江の島の仲見世通りにある磯料理店。入口から徒歩3分とアクセス良好です。

江の島丼とは?

サザエと釜揚げしらすを卵でとじた丼です。江の島ならではの名物であり、お店によって味が全然違います。※下記写真は魚見亭の江の島丼。

天海の江の島丼はやや半熟の卵とじで、甘辛い出汁が効いてて絶品!※下記はハマグリの味噌汁セット

ハマグリの味噌汁も超絶品!

ぜひとも食べて頂きたいのがハマグリの味噌汁です。追加料金で通常の味噌汁から変更できます。ハマグリの旨味がもう濃縮された究極の味噌汁!これだけのためにお店に来店したこともあります。

天海

鶴屋 カツ丼

江の島でカツ丼!?そう思ったあなた、江の島には海鮮丼以外にも絶品グルメが潜んでいます。

知る人ぞ知る絶品の洋食屋「鶴屋」をご紹介します。仲見世通りの終端にあります。

店内は落ち着いた雰囲気。何気に、ソファーを構えるお店って江の島では鶴屋ぐらいかもしれません。

窓際はテーブル席です。江の島のお店って、殆どがテーブル席か小上がりの座敷だったりします。

これが絶品のカツ丼だ!

サクッとした衣、カツは柔らかくてジューシー!出汁の効いた卵とじに病みつき..!!!

江の島の某喫茶店の女将さんにオススメされて食べに行ったのですが、あまりの美味しさに絶句...江の島グルメ、凄いぞ!

鶴屋

冨士見亭 江の島丼

冨士見亭は江の島の山奥にある飲食店。稚児ヶ淵までの階段の途中に店があります。

昭和の雰囲気を感じる店内

座敷テーブルはいくつもあります。10人などの大人数でも対応できます。

テラス席もあり、KIRINのパラソルがノスタルジック感漂います。インスタ映えしそうなポイントですね。海が見える絶景のテラス席です。

ふわふわトロトロの絶品な江の島丼

冨士見亭の江の島丼はサザエたっぷり、和風出汁たっぷりの絶品です。お値段も安く、ぜひオススメしたい一品です。

しらすハーフ丼もあるよ

生しらす・釜揚げしらすが入った丼。採れたて新鮮生しらすを食べれます。

冨士見亭

江之島亭 鎌倉丼

江之島亭(えのしまてい)は創業100年を超える老舗。

映画「男はつらいよ」やドラマ「彼女が死んじゃった」の撮影舞台であり、数々のグルメ番組でも紹介される有名店鋪です。

大海老フライが3匹も!贅沢な卵とじ丼「鎌倉丼」

鎌倉丼は海老フライを卵でとじた丼です。鎌倉ならではの名物ですが、江之島亭で食べることが出来ます。

出汁の効いた卵と大海老フライの相性は抜群!

衣はサクサク、中のエビはプリプリっと食べごたえあります。

しらすいくら丼で湘南しらすを堪能!

湘南名物の釜揚げしらすといくらを両方堪能できる、贅沢な丼!大葉との愛称が、これまた最高なんです。生姜醤油でぜひ食べてみて下さい。

これぞ海鮮親子丼!サーモンいくら丼

分厚いサーモンの切り身がたくさん!その上に大粒いくらがたっぷり!

サーモンの切り身と卵、すなわち海鮮親子丼ではないでしょうか。

江の島名物「しらすかき揚げ」が食べれる!

しらすかき揚げは釜揚げしらすが入ったかき揚げ。江の島の各店舗で提供されていますが、私のオススメは江之島亭です。そこまで油っこくなく、備え付けの塩で美味しく頂けます。野菜たっぷりなのが最高でした。

江之島亭

  • 平日の営業時間 10:30~18:00(17:30ラストオーダー)
  • 土日祝の営業時間 10:30~19:00(18:30ラストオーダー)
  • 住所 〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目6−5
  • 定休日 不定休(雨天の日は要問い合わせ)
  • 電話 0466-22-9111
  • 備考 荒天時は営業時間が変更となる場合あり

江の島ハルミ 江の島丼

IMG_0145

ハルミ食堂は元祖江の島丼のお店として有名。仲見世通りにあるお店で、島の入口から徒歩2分ほど。

半熟とろとろで病みつきの美味しさ!

【横アングル】江の島丼

さすが元祖江の島丼のお店。その美味しさは格別です!出汁の効いた半熟の卵、そこにしらす・サザエが入っているのですが、一口食べることに湘南の美味しさを堪能できる逸品です。

海鮮丼も絶品

saikaidon

生しらすとお刺身を盛った海鮮丼も多数。江の島ならではの海鮮丼を多数味わえます。

江の島ハルミ

磯料理かいしま かいしま丼

磯料理かいしまは仲見世通りにあるお店。板前さんが鮮度抜群の海鮮丼を提供してくれます。

うに・いくら・まぐろ・しらす・生海老を盛った豪華海鮮丼!

さらに、サバ・サーモン・イカのお刺身、卵焼きを盛った究極の海鮮丼。

値段を気にせず江の島で美味しい海鮮丼を食べたい方には「磯料理かいしま」をオススメします。丼に付いている味噌汁がこれまた絶品でした....

磯料理かいしま

丸だい仙水 さざえ丼定食

創業40年以上続く老舗、丸だい仙水。江の島の仲見世通りを入ってすぐにあります。

「つるの剛士さん」ご愛用のお店という噂が!

ハマグリと江の島名物を食べたい方に!

江の島でハマグリを注文すると、2個〜3個で600円〜1000円とそこそこの価格。

仙水の定食なら地物ハマグリが最初からついてくるものがあります。

サザエ丼(江の島丼)には卵とじの中に江の島名産のサザエがたっぷり!

サザエの量はおそらく江の島ナンバーワン。サザエのコリコリ感磯の風味を堪能できる至福の丼でした。

病みつきの海鮮サラダ

各定食に付いてくる海鮮サラダが絶品!酢味噌のような特製ドレッシングが大根・タコ・海藻との相性抜群なんです。おかわりしたいほどでした。

いせえび丼定食にも注目!

予算を気にせず、江の島でとっておきの美味しいものが食べたい方は「いせえび丼定食」はいかがでしょうか。

江の島産の伊勢海老を使用しており、その味はもう・・幸福度が満点でした。

こんなに美味しいものがあるのかと...

予算は他のお店に比べると少し高めですが、期待に応えてくれる満足感がありました。

丸だい仙水

磯料理きむら きんめ煮付け定食

江の島通なら誰もが認める名店「磯料理きむら」。

場所はメイン通りの仲見世通りではなく、東町にあります。

最後まで読んでくださったあなたに、私が江の島で食べてきた中で最も満足した一品「きんめ煮付け定食」をご紹介。

金目鯛をまるごと1匹煮た、究極の料理!

出来上がるまでに10分〜20分ほどかかります。丹精込めて作られる、究極の一品。

分厚い身とご飯を一緒にいただく

金目鯛の分厚い身に衝撃!程よく甘く煮付けられ、ご飯と一緒に食べるとヤバイ!!うますぎる....

上記写真を見ると、金目鯛の大きさがわかると思います。サイズがかなり大きいのです!

きんめ煮付け定食にはご飯味噌汁ひじきが付きますよ。

※この写真には別途、お刺身定食と焼きハマグリも写っております。

磯料理きむらの情報

いかがでしたでしょうか

江の島のランチはどこも観光地価格な点が気になるかもしれませんが、その場でしか体感出来ない感動と美味しさがあります。江の島で良い1日を!

※原価高等によりメニュー価格が頻繁に変更される可能性があるため、本記事にはメニュー価格を掲載しておりません。