稚児ヶ淵 ちごがふち

海との距離が近い岩場

稚児ヶ淵は海底が隆起した岩場であり、江の島の奥地にある。海との距離が近く、境目付近に立っていると波をかぶってしまうほど。潮が引いた時のみ入場することができ、台風や荒波、大潮の時は入場出来ない。岩場には深さ2メートル以上の潮溜まりが点在するので要注意。

江の島の絶景夕陽スポット

海を目の前にして夕陽を眺めれる絶景スポット。天候が良い日は富士山を望める。

遊覧船「弁天丸」が出航する場所

稚児ヶ淵までの道中には急な階段が続くため、帰りはヘトヘトになる人が多数。楽して帰りたい方は遊覧船の「弁天丸」がオススメ。約5分の乗船時間で、江の島を外周しながら弁天橋まで帰ることが可能。弁天橋から遊覧船に乗ることも出来るので、潮風をダイナミックに浴びながら海景色を堪能したい方にもオススメ。

アクセス 江の島入口の青銅の鳥居から徒歩20分
地図 行き方の地図はこちら

稚児ヶ淵に関する特集