御岩屋道 おいわやみち

ノスタルジックあふれる江の島の通路

江の島の山二ツから稚児ヶ淵までの道のりを御岩屋道と呼び、レトロ感あふれる路地の光景が広がる。道中は相模湾を一望できるスポットや昭和の風貌残る飲食店や土産物屋が建ち並ぶ箇所がある。夏は燈籠でライトアップされ、梅雨の時期は通路各所に紫陽花が見られる。

急な階段が多数あるため、体力消耗に注意

江の島の鍾乳洞こと岩屋へ向かう場合は御岩屋道を必ず通る。稚児ヶ淵付近から急な階段が続くため、行きは楽でも帰りはとても辛い。エスカレーター等の設備がないので、帰りは徒歩か稚児ヶ淵から出航する遊覧船のどちらかになる。階段途中には飲食店や甘味処があるので、休憩しながら行動するのがオススメ。

アクセス 江の島入口の青銅の鳥居から徒歩10分
地図 行き方の地図はこちら

御岩屋道に関する特集