江島神社 奥津宮 えのしまじんじゃ おくつみや

奥津宮は宮が3つある江島神社の中で、一番上の姉神にあたり、海を守る神様として信仰されています。龍神エネルギーが得られる江の島のパワースポットとして人気があります

奥津宮は江の島の山奥にあり、入り口から徒歩15分ほど。

社殿の天井を眺めてみると、八方睨みの亀が展示されています。

どこから見ても、亀に睨まれているように見える不思議な絵画。江戸時代の画家が書いた作品です。

社殿の先に見えるのが本殿です。立ち入ることは出来ません。

本殿をズームアップしたのが上記写真。木に囲まれて美しいですね。

奥津宮の隣には龍宮があり、江の島で最も龍神エネルギーを得られるパワースポットです。

4月中旬頃は社殿付近に八重桜が咲きます。

6月〜7月初旬頃までは紫陽花が見れる名所になります。

手のひらよりも遥かに大きいサイズでビックリします。

社殿の近くに力石があります。重さは320キロあります。

江戸時代に日本一の力持ちと言われた岩槻藩の卯之助が奉納した石です。弁財天の祭で力競技があったときに使われたそうです。

住所
〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目6−15
アクセス
江の島の入り口から徒歩15分
公式・関連サイト
http://enoshimajinja.or.jp/okutsumiya/

周辺の観光スポット

江島神社 奥津宮に関する特集