西浦漁港 にしうらぎょこう

江の島の漁港として栄えていた場所

西浦漁港は江の島で唯一、磯が残る漁港。東浦の漁港(ヨットハーバー方面の漁港)は昭和の東京オリンピック開催に伴い、埋め立て工事で磯が全滅。現在の西浦漁港は漁港としての賑わいはなく、釣り人で賑わっている。

絶景のオーシャンビューが見れる裏スポット

西浦漁港は知る人ぞ知る、江の島の絶景スポット。観光雑誌ではあまり紹介されないため、裏スポットのような存在である。場所はハルミ食堂と岩本楼の間の通路を進むと辿り着く。西浦漁港は波音が響く物静かな渚が広がり、富士山と小田原方面を見渡せる絶景のオーシャンビュースポットだ。

管理人のおすすめポイント

誰にも邪魔されない、プライベートな景色を堪能したいならココ!

西浦漁港は観光雑誌であまり紹介されないので、知る人ぞ知る裏スポットです。デート等で夕陽をプライベートな空間で眺めたい方は西浦漁港をオススメします。車などの環境音が聞こえず、波音だけが聞こえるので癒やされますよ〜。

アクセス 江の島入口の青銅の鳥居から徒歩5分
地図 行き方の地図はこちら